トップページ > スキンケア方法! > <化粧水選び>

<化粧水選び>

ニキビ肌向きの化粧水は一体どんなタイプが良いのでしょう?
そもそも、スキンケアって?

スキンケアとは・・・
肌そのものの、美しさ・ツヤ・透明感・ハリなどを保つため
皮膚を補修して整えてあげることです。

そして、そのスキンケアに必要な化粧水をどうやって選んだらいいのでしょう?

まず、無添加で自然派の化粧水が良いと言えます。
なぜ、無添加の自然化粧水が良いかと言うと、、、
添加物が入っている化粧水だと、
発がん性のある物質や、シミ・そばかすを促す成分が入っていたりするからです。

また、自然派の化粧水で「サリチル酸」が入っているものが
ニキビ肌のケア用品として良いと言えるでしょう!

「サリチル酸」とは・・・
βヒドロキシ酸(BHA)とも言われる成分で、植物内に多く存在しています。
その「サリチル酸」の効果は、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌してくれます。
更に、古くなった角質を溶かしてくれるので、
「思春期ニキビ」・「大人ニキビ」両方に良い成分と言えます!

また、「硫黄」が配合されている化粧水についてなんですが、
「硫黄」の効果として、抗菌作用があります。
プラス、たんぱく質と結合して古くなった角質を剥がす「ピーリング効果」
もあります。
調べてみると、効果としてはサリチル酸と変わらないのですが、
「硫黄」配合の化粧水は若い人向けだと言うことです。